アンテナの工事で台風対策~風の影響を受けない設置方法~

台風に備えて対策をする

案内をする女性

台風で発生する強風によってアンテナが破損すると、怪我をする恐れやテレビ映りが悪くなる可能性があります。そのため、取り付けの段階で台風対策を万全にすることが大切です。まずは、2つの対策方法を確認してみましょう。

アンテナをしっかりと固定

アンテナは風の抵抗を受けやすい形をしています。そのため、通常の屋根馬で、さらに鉄線で1か所のみの固定となるとあまり安定しません。しかし、全体に支線を張れる大型屋根馬であれば、アンテナが綺麗に固定され、強風が吹いても倒壊や破損する心配がなくなります。また、使用する支線はステンレス製なので、耐久性の面でも優れています。

平面アンテナを取り付ける

長方形だから外観に響かない
通常のアンテナは魚のような形をしていますが、平面アンテナのフォルムは綺麗な長方形なので外観を損ねません。
屋根を傷めない
平面アンテナは基本的に壁面への取り付けとなるため、屋根を傷めませんし、風に煽られることもありません。
強風の影響を受けない
壁面取り付けの際にネジを使って固定するので、台風で強風が発生しても倒壊や破損が起こる可能性はなくなります。
複数のアンテナ

平面アンテナの機能自体は、通常のアンテナとほとんど変わりません。また、壁面取り付けによって風による電波障害を受けず、快適なテレビ視聴ができますし、フォルムもすっきりしているのでデザイン性にも優れています。

アンテナ工事をする前に保険を確認する

台風などの風災によるアンテナ工事の場合、火災保険が適用される場合があります。支払われる金額は補償内容によって変わるので、まずは加入している火災保険を確認してみましょう。また、業者に相談すると手続き代行を行なってくれます。

TOPボタン