台風後はアンテナの工事を考えよう~快適にテレビを見る~

テレビの映りが悪い原因

テレビは今や欠かせない娯楽となっています。しかし、ノイズが走る、映像が途切れるなど映りが悪くなると快適な視聴は出来ません。映りが悪くなる原因として挙げられるのがアンテナの不調ですが、様々な症状があります。

原因を調べる

位置や向きに問題がある
アンテナの向きが悪いと、テレビ映りも悪くなってしまいます。自分で取り付け工事を行なった場合は、誤った方向に設置している可能性がありますし、アンテナが強風などで折れて位置がずれていると、受信状況は悪くなります。
細いケーブルを使用している
アンテナの工事をする際、細いケーブルを使用する場合があります。しかし、ケーブルが細いと電気の通りが悪くなり、結果的にテレビ映りが悪くなってしまいます。そのため、なるべくなら太いケーブルを使うようにしましょう。
劣化が進んでいる
ケーブルの劣化は、アンテナの工事の段階では発生しません。しかし、経年劣化などで亀裂が入り、ケーブルとしての役割を果たせなくなることで、テレビ映りに悪影響を及ぼす可能性があります。この場合は、買い替えが必要になります。

自然災害による影響

屋根の上のアンテナ

アンテナを工事した後で台風などの自然災害が起こると、強風によって設置場所が損壊し、アンテナが倒れてしまう恐れがあります。そうなると、電波の受信状況が悪くなるのはもちろん、重大な事故に繋がる可能性も考えられます。

台風によってアンテナ工事が必要になったら

高所に取り付けられたアンテナ

台風によってアンテナが破損した場合、すぐに専門業者に確認してもらうべきです。電気工事に対応している業者であれば知識や経験が豊富ですし、危険な高所での作業も代行してくれます。少しでも異変を感じたら、まずは相談しましょう。

台風がアンテナに与える影響

台風が発生すると、アンテナに多大な悪影響が発生します。まず、大雨によってアンテナに水膜が発生し、受信できる電波が制限され、テレビの映像を映す力が弱まります。また、暴風や強風によって、ケーブルの切断やアンテナ本体の破損、倒壊といった被害が発生します。このような場合は、台風が過ぎ去っても正常なテレビ視聴ができないため、修理が必要になります。

3つの確認項目

  • ①家に複数テレビが設置されている場合はすべての映り方を確認し、総合的に受信状況の良し悪しを判断
  • ②台風の後はアンテナの傾きや破損状況を目で確認し、壊れていない場合は工事業者に角度調整
  • ③アンテナ本体が破損している場合は、転落事故や落下事故を防止するために放置せずに工事を依頼

台風によってアンテナの破損が判明したら、専門業者に電気工事をしてもらいましょう。無理をして自分で修理をすると怪我をする恐れがありますが、業者であればこれまで培ってきたノウハウを活かして、最適な方法を提案してくれます。

TOPボタン